鉄骨造 S造 その1

木造とともにS造(鉄骨造)の建物も数多く設計するが、自社物件の設計監理は他とは全く違うはず。どこの施工業者さんに聞いても、設計事務所のこんな監理は初めてだと言われる。難しいことはしていないが、自分からみても特殊な検査だと思う。いろいろな方のご協力を得て、初めてなされる業だが監理は気が抜けず、緊張感の中で進んでゆく。
単純に言うと鉄骨加工工場へ足しげく通うこと。しかし通うだけでは無理で、その作業工程の痕跡をたどる「勘」がものを言う。RC造でもS造でも木造でも同じだが、現場に行くと作業者の作業痕跡をたどって見るといろいろな情報にたどり着く。
鉄骨加工工場は工程が単純なため作業痕跡がたどりやすい。小事務所なので各業者間から甘く見られるケースが多いが、大事務所では到底無理な小回りの効く検査方法が特徴の1つだ。
(企業秘密なのであまり詳しくは言えないが・・・)
検査にて指摘が少ないときもあるが、非常に多い時もある。施工者側の何層もの検査をパスして我設計事務所の検査に入るのだが、とんでもないミスが発覚することもある。(次回へ)

予算もあれば環境もさまざま。建築は生もの。人が造る。ミスがあるのは当たり前。

専門学校

専門学校で本日は設計製図の授業。1人ずつ話をするとすぐ時間が来てしまう。休憩もろくに取れずぶっ通しで巡回指導。疲れた。わかり易く話すのだが、さらに噛み砕かないといけないようだ。時間少し延長してほぼ全員無事完成。全員完成で、自己満足にて終わった今日1日、疲れた。

電話

昨日は、現場で2時間打合せ、さらに同じ現場の件で、約3時間電話で打合せ、効率がよいのか悪いのか。おかげさまで帰宅が、また日付が変わってしまった。現場に戻ったほうがよかったかとも思ったが、お客さんが見える予定もあり、携帯で打合せ、充電も切れ、事務所の電話にて打合せ。皆様お疲れ様でした。

動物病院

現在進行中の物件の参考のため、ある動物病院の見学に伺った。診療時間に伺ったのだが、時期のせいか患者さんの数がとても多い。予約制と聞いて驚いた。スタッフ数も多く、勉強会用のミーティングルームもあり、医療機器も充実している。
慌しく働いている横で見学していてよいのかなとも思ったが、院長先生がこの診療時間帯にと言うことなので甘えてしまったが、スタッフの動きを参考にして欲しいと言う院長先生の気遣いなのだろう。もう少し小ぶりな動物病院は知っているが、これだけ大所帯の医院ははじめてで非常に参考になりました。

リノベーション

リノベーションいわゆるリフォームの現場がうまく廻らない。工事は順調だが、工事監督がいないせいか、各工事業者の連携がぎこちない。
建物の内部を解体するたびに工事内容が増え当初の倍近くになっている。この状況になるのは予想していたし、お施主様にも説明済であるが、工事の先が見えない物件は難しい。そこに業者間のぎこちなさがでるのかもしれない。材料も高級品を使用するだけに、各社工事の担当部分で手がいっぱいのようだ。
お施主様も寛大な方でしっかりした建物が完成すれば、工事期間にはこだわらない方なので、こちらは各工事業者のお話にもお付き合いできるのだが、いつ完成するのか待ち遠しい。

資格学院

昨日は資格学院の自分の受持ち本講座最終でした。学院のマニュアルでは伝えていない、マルヒテクニックや覚え方を出席者(本年は欠席が多いなー)に伝授。毎回出席者は試験大丈夫だろう。
改めて法規読み返し、建築士法が昨年改正になり枝番の増えた条文番号を見ると、厳しくなったと感じる。特に共同住宅の設計丸投げ条文は、過去、設計士が新聞沙汰になった社会問題の影響大である。
本年の試験には、重要事項だの条文が変わった内容がでると予想してみたが、でるか?

排水承諾

昨日は打合せで、排水承諾などのお話をしていました。
愛知県でも名古屋市に近い場所なのに、住宅で使用する浄化槽設置のための排水承諾を、いろいろな方からご印鑑の押印をしていただかなければならない。その時の、排水負担金と称する印鑑代(自分だけがそうおもっているのかもしれないが)を徴収される。昔からの慣習かもしれないが、手間と労力のかかる排水承諾業務は止めて欲しいと思う限りである。
浄化槽も合併処理槽と昔より性能が上がっているし、町の道路側溝へ排水を放流するのであるから、地区や用水組合に排水負担金払って適正に使用されればよいが、とある場所では飲み食いに使用されるとも聞く。困った慣習である。

感謝

昨日は事務所の移転を記念して、普段お世話になっている方をお招きして、中華料理屋さんにてお食事会を開催。紹興酒のみすぎか頭が痛い。料理はおいしかったが、紹興酒が結構口の中に入ったようで、朝からほろ酔い気分。本日はボーとしていたい。
(いつもボーとしているけども。)
皆様方にこの場をお借りしていつもボーとしている私を支えていただきまして、ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

動物病院

結局昨日は日付けが変わってしまった。情けない、要領よく行かないものだ。申請を本日なんとか提出し、合間に建築相談をしていただいた。県の出先で聞いたら、うちは基準法の審査しないから、民間の確認機関へ問い合わせしてと言われた と担当の方に話したら、笑われてしまった。ムリもない。
問い合わせ内容の一つに動物病院は特殊建築物かと尋ねたら、事務所扱い あらま、住宅同様事務所も不特定の方が来るわけでないので、特殊建築物ではない。と同じく、動物病院は物を売らないから店舗ではないとのご判断。むしろ事務所と同様とのこと。2.3人で協議していたようなのでまちがいないと思うが、説明を聞いて納得はしたが、動物は事務扱いか。以前やった動物病院は店舗のような気がしたが、担当者のご指示に従おう。
今日も疲れた。

現場打合

午前中から現場打合せ、照明の位置決めをして、午後から明日の申請用の書類作り。1日中仕事。この調子だと申請書完成はいつなのだろうか。日付が変わらる前には帰りたい・・
関西方面の建築相談をうけたが、プランを見て思う。うーん。関西のみならずこの地方でもだが、最近地震に対する構えが希薄になっているように感じる。阪神の教訓も風化しつつあるのかなぁ。

ゴールデンウィーク

ゴールデンウィーク時期はたいがいお仕事で始まり、終わる。この時期に一気にたまった仕事を仕上げるのだが、乗らない仕事が多いせいか本年はなかなか進まない。
本日は資格学院の講座にて丸1日の講師業。半日はなんとか維持できるが、年のせいか丸1日はきつい、それも構造と法規のダブルはきつい。明日は休みたいが休めない。乗らない仕事を片付けねば。

老人ホーム

なぜか昨日は家族の会話の中で最後に老人ホームの話題になったように思う。たぶん。独特の臭いから始まり、うちの母親が老人ホームなどでボランティアをしているせいか、Pホームは食事の配膳が少しでも遅れると入所者が怒るとか、奇声が多いだの、立向ってくるだの、Aホームは毎月十数万円かかるから高いとか。終いにはあの環境の中で福祉に身を置いている人たちは大変だね、私たちにはむり。(と聞いてから寝たような覚えがありまして)
建築基準法施行令では児童福祉施設等の本文中に老人ホーム入っている特殊建築物だが、話を聞いていて、児童よりたちが悪いなと思う。児童福祉施設等というより老人福祉施設等で別の特殊建築物で取り扱ったほうがよいのではと、ふと思う次第である。

本年の学生

某学校にて設計の授業があるのですが、本年は、横着かと思いきや、しっかり図面出してくるではありませんか。年によって生徒の属性は変わりますが、素直に聞いてくれると非常に楽だなぁーと感じる次第です。
毎年骨のある生徒が多かったせいか、本年は説明すれば課題をこなしていくので、自分もやりがいはあります。来年3月での生徒の成長が楽しみです。

事務所のエアコン

事務所の前任者が残していったエアコンをメンテナンスして再利用。ばっちり掃除もしたのだが、1度使用したら動かない。調べてもらったら室外機内の基盤が原因のようだとのこと。基盤を取りやせるが、ものがあるかどうかわからないとのこと。今年の夏を乗り切れるか。
ちなみに新品時に基盤が壊れるのはたまにあるのだとか。4年以上前の機種なので基盤があるかどうか。

ETC

世の中はゴールデンウィーク真っ只中であるが、
いつもとはまったく違う。
ETCの休日1000円均一。
平日の3割引きはありがたい気もするが、1000円均一は非常に困ったものである。
辺境の地に住むものとしてほぼ毎日、お国の道路行政で生じた借金返済を僅かずつであるが払い続けている私としては、忌々しき状況である。
毎休日ごとに繰り返される渋滞にて現場に着く時間が読めなくなっている。
休日は仕事をするなというお上の指導なのか。余裕を持って働けというお上の差金か。
おかげで名古屋高速という非常に高価な路線を選択してしまう。
3月のETC使用料をみて驚いた。いつもより倍も違う。
名古屋高速ならぬ名古屋拘束か。
Calendar
<< September 2020 >>
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
search this site.
tags
archives
recent comment
others
admin

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35